Seiko7_Blog

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.09.19 Wednesday


ブレーキを踏むとゴーゴーと音がしているので点検です。





ブレーキパットが摩耗限度を超えてローターを削っていました。





パット、ローター共に新品に交換します。
ローターは傷、摩耗の程度により研磨し、修理する事も可能ですが今回は摩耗が進んでいた為交換しました。



今回の修理は部品、工賃合わせ約3万円で承りました。
ありがとうございます。

15:11 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.09.13 Thursday


先週のブレーキ修理時に発見された冷却水漏れの原因はこちらのウォーターポンプからでした。





新しい部品です。
一部材質が変わっていました。
修理終わって元気に走っています。

14:50 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.09.06 Thursday


パサート修理のご紹介です。



ブレーキローターのサビがかなり深刻で 表面も偏摩耗しているので4輪交換します。





ローターに合わせてブレーキパットも交換します。
パットはブレーキダストが少ないタイプにしました。





ローター、パット交換終了です。
しかしブレーキ修理中に冷却水漏れが見つかったので、この後点検に入ります!

10:12 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.08.30 Thursday


ステアリングチルトの点検です。



このスイッチを操作するとハンドルが前後、上下する筈ですが前後が動きません。



スイッチを操作すると電気は反応しています。



こちらのモーターを交換し作業終了です。

10:19 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.08.23 Thursday


エアコンガスを補充してから約一カ月でまた冷えなくなってしまったという事で点検します。
漏れ箇所を特定する為、蛍光剤を入れて様子を見ます。





反応が出たのはエアコンユニット内部の結露した水分を室外に出すドレンホースからです。
室内にあるエバポレータという部品からガス漏れしている様です。



この部品を交換するにはダッシュボードを全て外します。



エアコンユニット内部から取り出したエバポレータです。
こちらの部品を交換し作業終了です。
今回は点検、部品、工賃合わせて約73,000円で承りました。
ありがとうございます!

10:03 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.08.02 Thursday


エアコンが効かなくなってしまったという事で点検です。



エアコンが効かない原因はガス漏れのようですが目視では漏れ箇所が特定出来ないので、こちらの蛍光剤をエアコンサイクルに入れて点検します。



こちらのゴーグルをかけてエアコンサイクルをUVライトで照らすと



ガス漏れしてる箇所から蛍光剤が滲みでて来るのでその反応を見ます。



こちらはフロントバンパーです。



その奥にあるコンデンサーから反応が出ました。
今回はこちらのコンデンサーを新品に交換し無事解決しました。

10:09 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.07.26 Thursday


先週のクラッチ修理に引き続き、交換時期を迎えたタイミングベルトを交換します。
タイミングベルトカバーを外すとウォーターポンプから水漏れしていました。



いつものようにシールも交換します。



清掃しシール、ウォーターポンプを交換したところです。
この後、タイミングベルトも新品に交換して作業終了です。
今回のクラッチ修理、タイミングベルト、ウォーターポンプ等交換は合計で約120,000円で承りました。
ありがとうございます!

10:18 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.07.19 Thursday


クラッチ交換のご紹介です。



スターターモーターを外しました。
クラッチがバラバラになっている様です。





残念・・・





クラッチカバー、ディスク、レリーズベアリングが同梱されているお得なセットです。





パイロットベアリングも交換します。



どんどん組み立てます。
クラッチがひと段落したところでタイミングベルトの交換に移ります。

15:13 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.07.12 Thursday


冷却水がすぐになくなってしまうという事で修理です。



原因はラジエーターのパンクでした。



ラジエーターホースも漏れていましたので交換します。



新品ラジエーターです。
ラジエーター交換前にオーバーヒートによるエンジンへのダメージがないか点検しましたが大丈夫だったので今回はこれで修理完了です。

10:11 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.07.05 Thursday


走行中にエンジンが止まってしまったという事でレッカーされてきました。



画像中央のネジの中はバルブがあり通常であればこのバルブを押すと燃料が噴き出ますが、全く出てきません。



後部シート下にある燃料ポンプを点検すると電源は来ていますが作動音が全くしません。



燃料ポンプを取り出してみるとタンク内部異物が落ちていました。



正体はこちらの燃料ポンプのガスケットの様です。



ガスケットは溶けている様な感じでポンプに汚れがついてきました。
この汚れが燃料フィルターに詰まっている可能性もあります。



今回はこちら部品を交換します。





新品の部品です。
燃料のポンプ、フィルター、センサーがセットになっています。







タンク内部を清掃し、部品を交換しました。
エンジンも気持ち良くかかる様になり作業終了です。

15:17 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |

▲top