Seiko7_Blog

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< プリウスご成約! | TOP | JB7 ライフO2センサー交換! >>

2018.04.19 Thursday


先週に引き続き、今回はミツビシ キャンターのクラッチ修理です。



クラッチが繋がらなくなってしまったという事でクラッチディスクを外してみるとディスクの摩擦面がバラバラになっていました。



ここまで分解したので、エンジンオイルが滲み出ているクランクリアのオイルシールも交換しました。



フライホイール側のベアリングも交換しました。



こちらはクラッチダイレクトパワーシリンダーという部品で一般的なクラッチのレリーズシリンダーとレリーズベアリングが一体になった様な構造をしています。



今回はこちらの部品からオイル漏れがありましたのでリビルト品に交換します。
またこの部品はミッションを外さないと交換できない部品なのでクラッチ修理の際はオイル漏れが無くても交換することをお勧めします。



専用工具でクラッチディスクのセンター出しをしています。
この工程が甘いと後々エンジンとミッションがきちんと嵌合せず苦労する事になります。



ようやくミッションが載っかりました。
走行テストも問題無しです。

10:11 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |

▲top