Seiko7_Blog

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.12.13 Thursday




エンジンチェックランプ修理のご紹介です。



先ずは診断器にて故障コードの読み取りです。



排ガス浄化装置の詰まりを監視している差圧センサーが故障しているようです。



こちらのセンサーを交換し無事解決です。
今回の作業は部品、工賃合わせて約25000円でした。
ありがとうございます!

10:13 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.12.05 Wednesday


スロットルボディー交換によりエンジンチェックランプは解決しましたがABSなどのチェックランプは点灯したままです。



原因はこちらのブレーキスイッチでした。
症状としてエンジンをかけるとチェックランプは消えていますがブレーキを踏むとABSなどのチェックランプが点灯します。
ブレーキペダルを踏んでもブレーキランプが点灯しない事もありました。
これで今回の修理は完了です。

10:04 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.11.29 Thursday


クラッチ修理でお預かりしていたZですが、ある日エンジンをかけるとチェックランプが複数点灯してしまいました。



診断機を繋げるとスロットルボディーが不具合を起こしているようです。



リビルト品を取り寄せました。



不具合がある方はスロットルバルブを押しても自動でもどりませんでした。



部品交換後に診断機で初期学習させる必要があるようです。
こちら交換し、エンジンのチェックランプは無事解決しました。
この後ほかのチェックランプ点灯の原因を探していきます。

16:05 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.11.22 Thursday


こちらのお車はマニュアルミッションですがたまにギヤの入りが悪いという事でお預かりになりました。



クラッチレリーズシリンダーからオイル滲みがあり、



内部もかなりの錆びが出ていましたのでこれが原因のようですね。



純正品にて交換し、シフトチェンジは良好になりました。
この後お預かり中に発生したトラブルについてご紹介します。

15:00 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.11.08 Thursday


タイミングベルト交換がひと段落したところでオイル漏れがあるタペットパッキンの修理に入ります。



エンジン内部に目立った汚れはありません。
まめにオイル交換されているようですね。



カバー内部を清掃しました。



プラグシールがセットになっているタペットパッキンセットで交換です。



この後、冷却水のエア抜きをし作業終了です。
もちろん車検もすんなり合格です!

10:10 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.11.01 Thursday


ホンダZの車検承りました。
交換時期のタイミングベルトも一緒に作業します。
こちらのお車は車両後部にエンジンがあります。



タイミングベルトカバーはエンジンマウントを外して取ります。



社外品にて交換します。
この後オイル漏れも直しながら組み立てます。

10:06 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.10.25 Thursday


「足回りの部品が何か折れてる」という事で点検したところ、



スタビライザーリンクが折れていました。



後ろのスタビライザーリンクも折れていたので前後左右4カ所全て交換します。



今回はすべて純正品を使って約23,000円で承りました。
ありがとうございます!

14:49 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.10.18 Thursday


エアコンが効かないという事で点検します。



ガスは抜けていない様ですがコンプレッサーが動きません。
どうやらマグネットクラッチが断線している様です。



コンプレッサーをリビルド品で交換し作業終了です。
今回の修理は点検、部品、工賃合わせて約80,000円で承りました。
ありがとうございます。

10:07 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.10.11 Thursday




エンジン不調のBMWの修理です。
まずはテスターで見てみます。



1番シリンダー失火の故障コードが入っています。



更に詳しく点検する為エンジン周辺のカバーを外します。



一度、故障コードを消去し1番と2番のイグニッションコイルを入れ替えてエンジンをかけ再度テストすると2番シリンダー失火の故障コードになったのでイグニッションコイルの故障と断定出来ました。



今回は電極摩耗の進んでいたスパークプラグも交換させて頂きました。
ありがとうございます。

10:17 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |
2018.10.04 Thursday


オーバーヒートの警告表示が出たという事で点検です。



電動ファンの故障コードが入っています。
エアコンを入れても電動ファンは止まったままです。
電源は来ています。
ファンモーターについている制御部が不具合を起こしている様です。



部品はアッセンブリーで交換になります。
今回使用する電動ファンは社外品ですがメーカー純正品も作っているHELLA製で 純正品は125,000円、社外品は97,000円です。
細部まで質の良い社外品でした。

10:13 | ☆カスタム整備 | - | - | - | - |

▲top